facebooktwitteryoutube
in 不動産ニュース - 14 4月, 2015
by topics - no comments
IT活用 薬の次は不動産取引 テレビ電話で「重要事項」 野呂エイシロウ(放送作家・戦略PRコンサルタント)

 4月12日(金)

新年度を機に引っ越した人も多いだろう。その際「宅建」とよばれる資格をもった宅地建物取引士が、資格書を見せながらアパートやマンションなど借りる物件の諸注意など「重要事項説明」をしたはずだ。これが実に面倒。わざわざ不動産屋に行かなければならない。だがそんな面倒な手続きが、インターネットで簡単にできる日が来るかもしれない。

記事全文


これは良い取組みですね。
この為だけにわざわざ店舗に行くのは本当に面倒。早く実現することを期待してます。

コメントを残す